ベースレッスン

DTMレッスンについて更に詳しくみる!

ベースが……地味…だと!?

ベースという楽器。


音楽を知れば知るほど、この楽器の深さを知りますが、
一般の方からすればやっぱり

「地味」

なのでしょうか。
はたまた、音楽を聞きなれない方からすれば、
「どの音がベース?」と、なることもあるようです。

昔は、じゃんけんで負けたからバンドの中でベースになった。
何となくみんなでやりたい楽器を選んでいったら、残ったのがベースだった。
というのは最近ではあまりないかも知れないですが。

ギターよりベースのほうが弦が少ないし・・・という甘い考えでベースを買って練習をはじめてみると、その難しさに頭を悩ませるビギナーも多々。
あと、ギターとかと違って一人で弾いて歌って・・・みたいなのが出来ない分、
華やかさではやっぱりちょっと他の楽器には見劣りするところもあるかも。

ああ・・・やっぱり地味だ。

なんてお思いの方々!!
ベースこそ音楽の中でも重要なファクターなのです。

たしかに低音を出すだけならピアノやキーボードでもいい。
だけどベースの違いは何かって言えば、弦楽器!という所。
弦楽器だからこそのいい意味の不安定さを心地よい揺れに変え、リズムにグルーブを与えてくれる。音を出すだけじゃなくて同時にリズムを奏でる楽器なわけです。
ギターがコードを鳴らしている時の深みを与えているのもベースだし、ドラムの低音をさらに強調しているのもベース、さらにはライブステージでボーカリストが音程を外さずに歌いやすくしているのもベースと言っても過言ではない!!

と、どんなに熱弁しても、で・・・結局どの音がベースなんでしょう?ってなってしまうと、どうにも説明できないんですけどね。

ぜひお手持ちの音楽プレーヤーや、ご自宅のパソコン、コンポなどの音質調整で、低音を少しあげててみて、ベースの音を感じてみてください。

どうにも見つからなければライブDVDでベーシスト見ながら聞けば、きっと聞こえてくる。その艷やかな低音が!

地味じゃない!と言ってみたものの、参考資料を何か聞いてもらわないと中々伝わらないですね。次のときにはそれも合わせてお話してみましょう。

体験レッスンはこちら!

記事筆者:スクール長 小林 繁

ピックアップ記事

  1. もっとギターをたのしむために!
  2. 定位を意識してみよう

関連記事

  1. DTMレッスン

    スクールでコンペを開催予定!

    スクールに通う生徒さんの中には、TOKYO AKIBA MUSIC S…

  2. DTMレッスン

    耳コピを出来るようになろう!

    耳コピ。みみこぴ。ひらがなにすると可愛いですが。ミュージシ…

  3. ベースレッスン

    講師プレイ動画 華凛のハッタリスラップ #3

    第2回から引き続いて、第3回目「華凛のハッタリスラップ」です!…

  4. ベースレッスン

    講師プレイ動画 華凛のハッタリスラップ #2

    第1回目が大好評!なんとたった1日で3000回の再生数でした!!そ…

  5. ギターレッスン

    上達するにはどれくらいのレッスン時間が必要?

    レッスンに来る生徒さんから質問されました。どのくらい練習すれば…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

  1. DTMレッスン

    歌える作曲家!
  2. ギターレッスン

    ギターアンプにつなごう!
  3. DTMレッスン

    定位を意識してみよう
  4. ベースレッスン

    講師プレイ動画 華凛のハッタリスラップ #3
  5. DTMレッスン

    物語をつくろう
PAGE TOP