DTMレッスン

DTMレッスンについて更に詳しくみる!

音域のコントロール

TAMSのDTMレッスン

制作した楽曲が、なんか低音がモコモコしてる・・・
ギターの音がキンキンして聴き難い・・・

自作曲は市販のCD音源と比較すると音質が悪く感じます。一般的に売られている音源はミックスという作業行程があり、この段階でイコライザーというエフェクターを利用してモコモコ感や高音のキツさは処理されています。

今回はミックスに必須な、このイコライザーについてお話しいたします。
イコライザーは略してEQ(イーキュー)と呼んだりします。コンポやカーステレオで「ロック」とか「ポップス」など選んでロックっぽい音になったりポップスらしい音にできる機能で使われているものです。一部のミュージックプレイヤーにも搭載されているので利用した事のある方もいると思います。

イコライザーは音域をコントロールするためのエフェクターです。例えば低音がモコモコしている場合は低音域をカットし、歌の高音がキツくて聴き難い場合は高音域をカットします。色々なタイプのイコライザーがありますが、最近のDAWソフトでは下記のようなタイプをよく見かけます。

左に行く程低い音域をコントロールする事になり、右に行く程高い音域のコントロールができます。音の高さは周波数(Hz)で表し、値が低いほど低い音域という事になります。ちなみに1kHzは1000Hzです。各トラック毎にイコライザーを掛けて不要な音域をカット(下げる)したり、欲しい音域をブースト(上げる)したりして音を魅力的につくります。例えば、バスドラムの低すぎる音域をカットしたうえで、「ドスッ」とした低音感を得るために50Hz〜80Hz辺りを少しブースとしたりします。ドラム音源によっては、500Hzあたりをカットする事で生ドラムっぽく聴こえたりします。

TOKYO AKIBA MUSIC SCの生徒さんたちもジャンルに適したミックス方法を習得して着々と理想な音作りができるようになってきています!皆さんもイコライザーを使って音の変化を試してみてください!

TAMSのDTMレッスン

体験レッスンはこちら!

記事筆者:スクール長 小林 繁

ピックアップ記事

  1. 定位を意識してみよう
  2. もっとギターをたのしむために!

関連記事

  1. DTMレッスン

    音楽ができるまで 〜作曲編〜

    曲をつくろう!!・・・さて、何から手をつけますか?作曲…

  2. DTMレッスン

    DTMのソフトって? 〜Studio One編〜

    さてさて、前回に続いて、DAWのソフトのご紹介!今回ご案内する…

  3. DTMレッスン

    DTMのソフトって? 〜Logic Pro編〜

    今回ご紹介するのは、「Logic Pro」です。App…

  4. DTMレッスン

    【生徒さんの声 DTMレッスン Sさん 女性】

    今回は、DTMレッスンに通っているSさん(女性)にレッスンのフィードバ…

  5. DTMレッスン

    DTMのソフトって? 〜Cubase編〜

    これからDTMを始めるにあたって、まだソフトを決めかねているという方が…

  6. DTMレッスン

    歌える作曲家!

    DTMレッスンに通っている生徒さんの中に、ボーカルレッスンも一緒に受け…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

  1. DTMレッスン

    【生徒さんの声 DTMレッスン Iさん 女性】
  2. ベースレッスン

    講師プレイ動画 華凛のハッタリスラップ #3
  3. ギターレッスン

    もっとギターをたのしむために!
  4. DTMレッスン

    作曲の骨組みを知る!
  5. ギターレッスン

    【生徒さんの声 ギターレッスン Hさん 男性】
PAGE TOP