DTMレッスン

DTMレッスンについて更に詳しくみる!

DTMに必要なもの?

DTMをはじめるためには、パソコンDAWソフトが必要です。
DAWソフトとは、歌や楽器を録音したり音源(楽器)を演奏させたりするソフトウエアです。
Macだと「GarageBand」というフリーDAWソフトがあらかじめインストールされているので、別途DAWを用意しなくてもDTMが始められます。無料版DAWソフトもありますので、まず無料版で操作になれてからアップグレードするのも良いでしょう!

各DAWソフトの特徴をまとめましたのでご参照下さい!

DAWソフトの次に必要なのがオーディオインターフェースです。
オーディオインターフェースはパソコンの音を入出力するための機器です。

「パソコンにスピーカー付いてるじゃん!」
「イヤホンだって繋げられるじゃん!!」

と、お思いかもしれませんが、高音質で録音や再生するためにオーディオインターフェースは必要不可欠なのです!
お手頃な価格のものからスペックの高い高価な物まで幅広くありますが、オーディオインターフェースの選び方のひとつに入出力端子の数で決める方法があります。例えば、複数のボーカリストの歌を同時に録音する場合は、人数分の入力端子が備わっていないといけません。ドラム録音ではパーツ毎にマイクで収録するため、マイク本数分の入力端子が備わっている必要があります。また、ライブの際にパソコンで制作した曲をドラム、ベース、その他の楽器などを分けてPAさんに送りたい場合など、出力端子の数が必要となります。

その他、音質、入出力端子の規格、大きさ、重さ等
オーディオインターフェースによって特徴があるので、使用用途によって選んででみて下さい。

ご自身でミックスやマスタリングまで手掛けたい方は、モニタースピーカーやヘッドホン&イヤホンも必要になります。
モニタースピーカーには、コンセントに電源ケーブルを繋ぐだけで音が出るパワードタイプの「アクティブスピーカー」と、別途アンプが必要になるのノンパワードタイプの「パッシブスピーカー」の2種類あります。パッシブスピーカーの場合、アンプとの相性も出力される音に左右されるので、まずはアクティブスピーカーで始める事をお勧めします!

体験レッスンはこちら!

記事筆者:スクール長 小林 繁

ピックアップ記事

  1. もっとギターをたのしむために!
  2. 定位を意識してみよう

関連記事

  1. DTMレッスン

    【生徒さんの声 DTMレッスン Iさん 女性】

    【生徒さんの声】今回は、DTMレッスンに通っているIさん(女性)に…

  2. DTMレッスン

    定位を意識してみよう

    今回は「定位(パンニング)」のお話。「定位」は音楽のミックスでとて…

  3. DTMレッスン

    物語をつくろう

    生徒さんから、作曲している楽曲構成について質問される事があります。…

  4. DTMレッスン

    DTMのソフトって? 〜Cubase編〜

    これからDTMを始めるにあたって、まだソフトを決めかねているという方が…

  5. DTMレッスン

    歌える作曲家!

    DTMレッスンに通っている生徒さんの中に、ボーカルレッスンも一緒に受け…

  6. DTMレッスン

    【生徒さんの声 DTMレッスン Sさん 女性】

    今回は、DTMレッスンに通っているSさん(女性)にレッスンのフィードバ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

  1. ギターレッスン

    ギターのレジェンドの話
  2. ギターレッスン

    エフェクターのお話。〜オーバードライブ編〜
  3. DTMレッスン

    音域のコントロール
  4. DTMレッスン

    声の幅を考えて作曲しよう!
  5. DTMレッスン

    DTMのソフトって? 〜Cubase編〜
PAGE TOP