DTMレッスン

DTMレッスンについて更に詳しくみる!

定位を意識してみよう

今回は「定位(パンニング)」のお話。
「定位」は音楽のミックスでとても大事です。

定位というのは音源における音の位置の事です。右なのか左なのか、上なのか下なのか、前なのか後ろなのか、遠いのか近いのか等です。目の前でボーカルが歌っていて(動いちゃえば変わりますが・・・)、右でギタリストさんがギターを弾いていて、左でベーシストさんが演奏していて、ボーカルの後ろでドラマーさんが叩いている、というのを左右2つのスピーカーやヘッドホンで聴いて分かるように処理しておくのです。ボーカルがドラムの後ろで歌っていたり、左右どちらかに全ての音が片寄っていたら・・・聴き難いですよね?

殆どの歌モノのCD音源は、目の前でボーカルが歌っているよう処理されています。主役を一番前の真ん中に位置する事でバランスが良く聴こえます。

私がミックスする際は、各演奏者のライブでの立ち位置を意識して定位を決めています。例えばいつも向って右側でギターリストさんが弾いているのであれば、CD音源も右側からギターの音が聴こえるように処理します。また、ドラムも、バスドラムの少し右にスネアドラム、更に少し右にハットの音を位置してます(右利きドラマーさんの場合)。

しかし、左右2つのスピーカーで上下前後、奥行きってどうやって処理するの??
と思いませんか?

それはイコライザーやリバーブといった音に効果を加えるエフェクターを使用する事で可能です。リバーブなどは空間を演出するエフェクターは部屋や会場の響きを演出すもので、奥行きだけでなく広さまで疑似的に表現できます。

皆さんの好きな楽曲も「定位」を気にして改めて聴いてみてはいかがでしょう?
新たな発見があるかも??
ただし、スピーカーの配線が左右逆になっていたり、ヘッドホンを左右逆に装着しないように注意です!!

体験レッスンはこちら!

記事筆者:スクール長 小林 繁

ピックアップ記事

  1. もっとギターをたのしむために!
  2. 定位を意識してみよう

関連記事

  1. DTMレッスン

    歌える作曲家!

    DTMレッスンに通っている生徒さんの中に、ボーカルレッスンも一緒に受け…

  2. DTMレッスン

    耳コピを出来るようになろう!

    耳コピ。みみこぴ。ひらがなにすると可愛いですが。ミュージシ…

  3. DTMレッスン

    スクールでコンペを開催予定!

    スクールに通う生徒さんの中には、TOKYO AKIBA MUSIC S…

  4. DTMレッスン

    物語をつくろう

    生徒さんから、作曲している楽曲構成について質問される事があります。…

  5. DTMレッスン

    音楽ができるまで 〜作曲編〜

    曲をつくろう!!・・・さて、何から手をつけますか?作曲…

  6. DTMレッスン

    声の幅を考えて作曲しよう!

    DTMレッスン生の中には自ら歌うことを目標に作曲をしている方もいれば、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

  1. ベースレッスン

    講師プレイ動画 華凛のハッタリスラップ #1
  2. DTMレッスン

    歌える作曲家!
  3. DTMレッスン

    音楽ができるまで 〜編曲編〜
  4. DTMレッスン

    癖にしておきたい動作。CTRL(Command)+S
  5. ベースレッスン

    ベースが……地味…だと!?
PAGE TOP