DTMレッスン

定位を意識してみよう

今回は「定位(パンニング)」のお話。
「定位」は音楽のミックスでとても大事です。

定位というのは音源における音の位置の事です。右なのか左なのか、上なのか下なのか、前なのか後ろなのか、遠いのか近いのか等です。目の前でボーカルが歌っていて(動いちゃえば変わりますが・・・)、右でギタリストさんがギターを弾いていて、左でベーシストさんが演奏していて、ボーカルの後ろでドラマーさんが叩いている、というのを左右2つのスピーカーやヘッドホンで聴いて分かるように処理しておくのです。ボーカルがドラムの後ろで歌っていたり、左右どちらかに全ての音が片寄っていたら・・・聴き難いですよね?

殆どの歌モノのCD音源は、目の前でボーカルが歌っているよう処理されています。主役を一番前の真ん中に位置する事でバランスが良く聴こえます。

私がミックスする際は、各演奏者のライブでの立ち位置を意識して定位を決めています。例えばいつも向って右側でギターリストさんが弾いているのであれば、CD音源も右側からギターの音が聴こえるように処理します。また、ドラムも、バスドラムの少し右にスネアドラム、更に少し右にハットの音を位置してます(右利きドラマーさんの場合)。

しかし、左右2つのスピーカーで上下前後、奥行きってどうやって処理するの??
と思いませんか?

それはイコライザーやリバーブといった音に効果を加えるエフェクターを使用する事で可能です。リバーブなどは空間を演出するエフェクターは部屋や会場の響きを演出すもので、奥行きだけでなく広さまで疑似的に表現できます。

皆さんの好きな楽曲も「定位」を気にして改めて聴いてみてはいかがでしょう?
新たな発見があるかも??
ただし、スピーカーの配線が左右逆になっていたり、ヘッドホンを左右逆に装着しないように注意です!!

ピックアップ記事

  1. もっとギターをたのしむために!
  2. 定位を意識してみよう

関連記事

  1. DTMレッスン

    【生徒さんの声 DTMレッスン Sさん 女性】

    今回は、DTMレッスンに通っているSさん(女性)にレッスンのフィードバ…

  2. DTMレッスン

    作曲の骨組みを知る!

    DTMレッスンに来る生徒さん。最近は自分の曲を作る、という段階に入って…

  3. DTMレッスン

    好きになる音楽

    皆さんは好きな音楽をどんな形で見つけますか?スクールの生徒さんにき…

  4. DTMレッスン

    DTMのゴール?!

    皆さんは音楽を何で聴いていますか?スマホやiPhone?携帯プレイ…

  5. DTMレッスン

    物語をつくろう

    生徒さんから、作曲している楽曲構成について質問される事があります。…

  6. DTMレッスン

    音域のコントロール

    TAMSのDTMレッスン制作した楽曲が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

  1. DTMレッスン

    DTMのゴール?!
  2. ギターレッスン

    ギターのレジェンドの話
  3. ギターレッスン

    【生徒さんの声 ギターレッスン Hさん 男性】
  4. ギターレッスン

    上達するにはどれくらいのレッスン時間が必要?
  5. DTMレッスン

    物語をつくろう
PAGE TOP